ニュース 田園調布 東京 ストレス スポーツ ウィンブルドン イタリア 一軒家 大会 周辺" />
So-net無料ブログ作成

錦織圭 ウィンブルドン 会場近くに一軒家を借りた訳 [早読]

nicori11.jpg
ヤフーニュース「錦織、会場近くに一軒家借りウィンブルドン万全体勢」(日刊スポーツ)引用



以下要約 (30秒読切)


錦織圭が、29日に開幕するウィンブルドン選手権に備えて、
初めて会場そばの一軒家を借り「チーム錦織」で体制を整えている。
一軒家を借りて過ごすのが、トップ選手の恒例になっているのが
ウインブルトン大会だが、錦織圭は今回それを証明したことになる。


ウィンブルドンは、東京で言えば田園調布という高級住宅地だ。
錦織圭が借りた家は会場から数分の所で、両親も駆けつけた。

ウィンブルドンで「家を借りる」には訳があり、
それは勝つための必要条件とも言われている。


ウィンブルドンと言えば雨がおおい大会だ。
試合は中断に次ぐ中断で、選手は当てもなくしばしば待たされる。
会場で過ごすと緊張とストレスでイライラも募る。
しかし、会場そばに家があれば自宅待機がたやすくできる。
だからトップ選手は家を借りるのである。


都合のいいことに、会場周辺に住む人たちは、
大会の時期に合わせて避暑に出かける習慣がある。
大会期間中、50万人もの観客が訪れ、その喧騒を避けるためだ。
そうした空き家(豪邸)を選手や関係者が借りる仕組みができている。


錦織圭の本線組み合わせが決まりました。
順調に勝ち進むと次の対戦になると言われています。

1回戦 ボレリ(イタリア) ATP56位 
2回戦 ヒラルド(コロンビア) 同60位
3回戦 クエバス(ウルグアイ)同23位
4回戦 チリッチ(クロアチア) 同9位
準々決勝 ジョコビッチ(セルビア)1位



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。