京都 写真 愛知 同級生 撮影" />
So-net無料ブログ作成
検索選択

睡蓮が咲いた 蓮も咲いた 見頃は短い 睡蓮の命名に感服

二人の同級生が写した2枚の写真

一枚は、京都・東福寺の睡蓮の花、
一枚は、愛知県新城市・慈広寺の蓮の花。

睡蓮.jpg
京都・東福寺の睡蓮の花 (6月28日撮影)

new_慈広寺.jpg
 愛知県新城市・慈広寺の蓮の花 (6月28日撮影)


今が旬で、見頃は短い。


スイレンとハスの見分け方を教わった。
花の「位置」に違いがある。
睡蓮の花は水面に浮くように咲き、
蓮の花は水面から離れて立ち上がっている。


なるほど! 確かに
モネの「睡蓮」は水面に咲いている。




すいれんは「睡蓮」と書き「「水蓮」ではない。
睡蓮は、日中開いて夜閉じる、を3日繰り返すそうだ。
で、夜睡眠するので「睡」の字があてがわれた。
感服だ!一層睡蓮が好きになった。


では「蓮」の字は・・
地中の茎が蓮根のようにつながっているから。
と言う説があるそうだ。



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。