テニス トレーナー ニュース オープン ソニー 足首" />
So-net無料ブログ作成
検索選択

錦織圭の怪我 なぜ「左足」に集中?フィジカル専門家が分析

hidari11.jpg
ヤフーニュース(日刊ゲンダイ)引用


以下要約


問題は「ふくらはぎ」ではないのかもしれない。
運動選手の体に詳しいフィジカル・トレーナーの平山昌弘氏は言う。

同氏の分析は・・・

錦織は「(足は)大丈夫」とはいうものの、
左足の故障は今回が初めてではない。

13年1月のブリスベン国際準決勝では、
左ひざ炎症で途中棄権。

昨年3月のソニーオープン準々決勝では、
ジョコビッチ戦を前に左足股関節痛のために棄権した。
いずれも患部は左足である。

「ふくらはぎやひざ、足首を痛めるのは足の根っこ、
つまり股関節に問題があるケースが多い。

右利きのテニス選手で左足が軸足になるのは、
サーブとバックハンドの時。

特にバックサイドに振られた際、
股関節の可動域が限界を超えれば異常をきたします。

股関節が正常に働かなければ、無意識に左足をかばい、
負担のかかる左のふくらはぎや足首を痛めるのです」


関連記事
錦織圭2回戦棄権 左ふくらはぎ悪化で 悔しいとコメント 



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。