北海道 ホームページ 話題 写真 江差線 鉄道 イベント 撮影" />
So-net無料ブログ作成
検索選択

七夕です、北海道江差線の「天の川」が撤去、さよならイベントが


5日、北海道上ノ国町の、幻の駅「天ノ川」で、
7月中に解体される駅の「さよならイベントが開かれ、
集まった鉄道ファンが別れを惜しみました。

amano.jpg
 在りし日の天の川駅


天ノ川駅は、七夕物語の「天ノ川伝説」にあやかって、
1995年7月7日に旧JR江差線・宮越~湯ノ岱間にできた幻の駅です。
「幻の駅」なので、列車は止まらず、時刻表にも載っていません。


天ノ川駅の設置案は、1994年の大雨で、
近くを流れる天ノ川が氾濫して江差線が不通になったことから始まりました。
江差線がこのまま廃線になるのは忍びないとの思いで
地元の市民団体「北海道夢れいる倶楽部」が「天の川」駅を 設置しました。


長さ約20メートル、幅約4・5メートルのホームに見立てた盛り土を造り、
ホームには本物そっくりの駅名看板「あまのがわ・天の川」を設置しました。

amanogawa.jpg


まもなくロマン溢れる「天ノ川駅」が話題となり、
大勢の鉄道ファンが写真撮影などで訪れるようになりました。


あれから20年めの今年
幻の駅が、幻になります。

ありがとう「天の川駅」
天の川に帰るのかな、さようなら。


天の川駅公式HP



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。