" />
So-net無料ブログ作成
検索選択

旅を語ろう!裏技で行く海外一人旅


海外個人ツアー「裏技」編

海外個人ツアーの楽しみは~
*どこに行こうかな
*格安航空券があるかな
*お値打ちな宿が見つかるかな
~と、企画するとこらから始まります。

行きたくなり、もぞもぞしてくると、企画に突入しますが、
おおむね3ヶ月前には取りかからないといい企画はできません。
少ない予算でどれだけリッチな旅に仕立てるのが腕の見せどころです。
そこで登場するのが「裏技」です、裏技と言えるかどうかは分かりませんが。

2010年10月の「7泊9日NYひとり旅」を思い出しながらお話しを進めます。

当時の為替は1$86円の超円高で、
個人ツアーには絶好の時代でしたが、
それにしてもリッチな旅ができました。
*航空券 名古屋-成田-NY(往復ビジネスクラス)158,840円
宿泊費 ハドソン川に面したマンション(7泊分@100$)60,200円

航空券はデルタ航空のNY直行便で往復ビジネスクラスでした。
宿はハドソン川に面した日本人女性が経営する広いマンションでした。
この組み合わせで、7泊9日の費用が、たったの22万円也。
文句なしの格安にしてリッチなNYツアーだったと思います! 

IMGP0519.jpg
1週間投宿したハドソン川に面したNJ州のマンション


裏技その1 マイレージ「上級資格」を取得しよう!

お薦めはデルタ航空グルーブの「スカイマイレージ」です。
但し単に加入するだけではメリットは殆どありません!
上級資格「ゴールドメダリオン」を取得しない駄目です。
フライトの度にボーナスマイルが加算されるからです。

2009年1月、僕はこのゴールドメダリオン資格を5万円で購入しました。
そして2009年4月ハワイへ、2010年1月サンフランシスコへ行きました。
2回の旅で50,000を超えるマイルが貯まりました、ゴールド資格だからです。
この50,000マイルでビジネスクラスにアップグレードしてNYへ行きました。

1-IMGP0756.jpg
デルタスカイマイル「ゴールドメダリオン」カード

ちょっと待った! デルタに異議あり!
当時は5万円投入しても採算が取れましたが、
現在のデルタ「上級資格」には魅力はありません!

ゴールドメダリオンの資格を取れば確かにマイルは貯まりますが、
ビジネスクラスへのアップグレード基準が大幅に上がってしまいました。
具体的にいえば、30万円前後もするYクラスのエコノミーチケットを購入
しなければ、NY往復ビジネスクラスへのアップグレードをしてはくれません。
これではマイルがどれだけ貯ろうがビジネスクラスの旅はできないことになります。

巷ではアメリカンエキスプレスに加入すれば、
ゴールドメダリオンの上級資格と18000マイルをあげますよ、
と、一大キャンペーンを展開していますが、今のデルタでは魅力はありません。
いずれ方向転換があるでしようが、それ迄はもうひとつの裏技がお薦めです。



裏技その2 ヤフオクは航空券の「宝の山」だ!

目を転ずればもっと魅力的なところがあります。
海外個人ツアー愛好家にはたまらない「隠れ家」です。
それが「ヤフーオークション」です、先ずはアクセスしましょう。
ヤフオク→ チケット・金券・宿泊→ 乗車券・交通券→ 航空券→ 海外 

今日(12月3日)は北米行き往復ビジネスが149,999円で出ています。
他にもアメリカン航空の北米行き往復ビジネス164,990円があります。
もう一つ、デルタの北米行き往復ビジネス190,000円もあります。
これに別途諸費用約6万円が掛かりますが、それでもお値打ちです。

前記のデルタなどの「上級資格」を取得しても、
以後ツアーを重ねてマイルを貯めないことにはビジネスには乗れません。
そんな面倒なことをしなくても、またそんな時間をかけなくても、
この隠れ家で、いい出物を見つける方が手っ取り早くて賢いと僕は思うのです。
この隠れ家には、涎が出るような素晴らしい出物もあります、宝の山ですね。

僕は国内旅行の宿探しもこの隠れ家でしています。
高級ホテルの株主50%優待券が狙い目ですが、いい出物がありますよ。


裏技その3 いい座席を「SeatGuru」で確保しよう!

長時間フライトの海外ツアーでは、先ずは「いい座席」に当たることです。
当たればラッキー!で、これだけで旅の楽しさが一段と増します。

個人ツアーでは自分で座席の確保ができます。
その時役立つ優れもの「ソフト」があります。

航空チケットを購入したら最初にこのソフトで
該当フライトの「いい席」と「悪い席」などを判別します。
次に購入チケットの航空会社サイトを開き好みの座席を確保します。

Seat Guru(シートグル-)
http://www.seatguru.com/
英語版のみで日本語版はありません

航空会社、フライト番号、フライト日程を入力すると座席表が出てきます。
次に座席にカーソルを合わせるとその座席の特徴が出てきます。
*足元が広い、窓が無い、トイレに近い、背もたれが制限される
*Good Seat 好い席は緑色表示、Bad Seat悪い席は赤色表示 

1-CCF20141202_00000.jpg
良い席は緑色 悪い席は赤色 評価が分かれる席は黄色


裏技その4 エコノミーからビジネスに席替えするコツ

デルタの「ゴールドメダリオン」資格でエコノミーで搭乗した時、
非常口に近い席が「Verry rucky Seat」になることがあります。

チェックインの際「Can you speak English」と聞かれたら、「No!」と応えることです。
いざと言う時英語が話せないと問題ですので「ビジネスクラス」に席を替えてもらえます。
筆者は70過ぎの高齢ですので、 2回に1回に近い割合でこの幸運に恵まれてきました。

この裏技は某マイルの達人から密かに伝授されたものですが、まさにその通りでした。
ゴールドメダリオンであること、高齢者であること、英語が話せないこと、それから
予約クラスがある程度上位のエコノミーチケットでなければ対象にはならないようです。
*デルタのエコノミー予約クラス(Yが最上位、Tが最下位) Y B M H Q K L U T


1-CCF20141122_00003.jpg
幸運のゴールドレーンチケット


航空券の相場が分かり、航空券も買いやすいネットはここです。
イーネット http://www.tabienet.co.jp/

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。